アジア文学 第2号

アジア文学

Add: xoguq90 - Date: 2020-11-20 02:28:43 - Views: 1421 - Clicks: 7622

第2部 近代化—東アジアの「文」から「文学」ヘの道(国家、社会と「文学」;戦争と「文学」;学問と「文学」;ことば、文体;新しいメディアの時代と「文学」) 第3部 現代の「文学」—文学の現在と人「文」の将来(現代の「文学」;近現代の文・史. 貸出手続: 学生証・職員証・東京大学附属図書館利用証が必要です 3. 第70回北米アジア研究学会ホノルル大会,太田三郎、「アジア各国女性史研究現状と課題―朝鮮」『アジア女性史比較史試み』、161-194、――村井久林淑美「シュティルナー末裔と「批評人間性」」『季報唯物論研究』第79号・S39乙第2号 S39乙第1号、42-2. ※優秀作と入選作は年11月発行予定の「北の文学」81号に掲載 募集内容 未発表の小説、戯曲、または文芸評論 【部門】 (1)小説 (2)戯曲 (3)文芸評論 提出物 作品 ※400字詰め原稿用紙50枚以内 ※手書きは400字詰め原稿用紙を使用すること. 対象者: 教職員、研究員、学部生、院生、名誉教授、文学部元教員(常勤)、文独自で認めた者 2.

学術文献刊行会『国文学年次別論文集』平成25年度版 近代分冊に収録. 第四一号 特集〈グローバルアジアと社会文学〉 (15年3月刊/編集委員長:李修京). 3 第1号 第2号 第3号 第4号. 明治大学文学部 第12回読書感想文コンクール.

貸出対象外資料:貴重書、課程博士論文、その他禁帯出に指定したもの 5. 内陸アジア史学会 編、国書刊行会、昭和55年、369p、22cm、2冊揃 函少し傷み・少し汚れ 本体は概ね美 蔵書印あり A5 内陸アジア史論集 1・2. 」 ボランティア活動で訪れた家の老人と共に、あじあ号の機関車の模型を完成させるため戦争中の満洲へ行く。. 事前連絡:必要です。事前に資料を特定し所属機関の図書館を通じて所蔵照会を行ってください。 2. 第3 回 格差社会に憲法はなにを言うことができるのか?―「生存権」をめぐる対話 生存権と『自由な社会』の構想 笹沼弘志 pp.

その他 :プリペイドカード販売機があります(1,000円のみ). 貸出時間 :開館時間と同じです 4. この図書館の資料の取寄せ:可 1. 3号館図書室: 学生証・職員証・附属図書館利用証による自動入館システム 2. 複写対象外資料: 貴重書・劣化の著しい資料等は不可 5. 「日本漢文学研究」のページです。明治10年創立、夏目漱石も学んだ二松学舎大学。 | 二松学舎大学 東アジア学術総合研究所.

単著: 歌うシンデレラ: 熊本県立大学文学部『文彩』第3号: /3: pp. 複写対象外資料:貴重書・劣化の著しい資料等は不可 5. 26 第12回銀華文学賞結果、第15回現代詩賞結果を掲載しました。. 閲覧時間:平日 9:00-17:00 館内閲覧 1. 第4 回 格差社会と文学2―弱きものとしての子供. MyOPACからの延長はできません(カウンターでの再貸出処理が必要です) 2. 19 文芸思潮75号まもなく発売です。来週には取扱書店に並びます。.

朱琳 「中国史像と政治構想――内藤湖南の場合(三)」 『國家學會雑誌』 第124巻 第1・2号 国家学会 (. 複写設備の有無: プリペイドカード式複写機(文学部複写センター発行カードのみ可)、コイン式複写機(1000円札は利用可)、モノクロ,カラーいずれも可 3. ・『東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies』第13号を公開しました。(/04/16) (/04/16) ・ 『関西大学社会学部紀要』第51巻第2号 を公開しました。. 複写受付時間 :閉室時間前まで 7. アジア・キリスト教・多元性 発行: 「アジア・キリスト・多元性」研究会 (旧アジアと宗教的多元性研究会) 現代キリスト教思想研究会 issn:jalc doi. 『東アジア文化交渉研究』別冊2号 第1回研究集会 東アジアにおける書院研究 はしがき 年10月に発足した本学グローバルCOE「文化交渉学教育研究拠点」(Institute for Cultural Interaction Studies,略称ICIS)は,人文科学の分野における大学院レベルの教育・ 研究機能を充実・強化し,高度な人材育成. 研究室資料や特定の資料をご覧になる場合は、事前に所属機関の図書館を通じて所蔵照会を行ってください。 館内複写 1. 2 )、65ー116頁.

複写料金: モノクロ10円,カラー50円 6. アジア史専攻 西洋史学専攻. 13:00-14:00 基調講演 アジア文学 第2号 曺泳日「韓国文学は世界文学であり得るのか」 14:05-15:25 パネル1(日本語文学の多様性) 李琴峰「第二言語である. 日本文学研究ジャーナル = Japanese literature research journal 伊井春樹編 国文学研究資料館,.

おうふう・『講座 源氏物語研究』5巻. See full list on lib. 複写の可否 :可 2. 貸出手続:学生証・職員証・東京大学附属図書館利用証が必要です 3.

複写手続き: 文献複写申込書の提出 4. 25 文芸思潮74号発送中です。取扱書店には数日中に入荷します。お待ちください。. 2号、年3月: 研究、教育方針.

「東アジアにおける世界文学の可能性」 日時:年2月11日(火) 13:00-18:00 場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール. 日本近代文学におけるメディア検閲は、近年もっとも関心を持たれている研究テーマの一つである。 第二次世界大戦の戦前・戦中・戦後を通じて文学活動を展開した作家は、内務省とGHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)の検閲と無縁ではなかった。. 6 「国文学研究資料館年報」平成17年度() 「第30回国際日本文学. アジア児童文学大会は、1990年にソウルで第一回大会が開かれて以来、2~3年に一度、韓国・台湾・中国・日本で順次開催されています。 第1回 1990年8月9日〜8月12日 韓国・ソウル (日本13名、中国4名、韓国23名、ラマダオリンピアホテル) (テーマ:21世紀の児童文学の展望) 第2回 1993年8月28日~30. 2号館図書室: 学生証・職員証・附属図書館利用証をご提示ください 開館時間 1. 2) 『社会文学』第42号 特集「歴史の岐路」への論文・エッセイの募集要項を掲載しました。.

3号館図書室: 平日 9:00-21:00(春季・夏季休業期間中は9:00-17:00)、土曜 10:00-18:00 (春季・夏季休業期間中は閉室) 2. 複写料金 :モノクロ10円,カラー50円 6. 第18号: 1994 &92;1,165 論文山崎利男・樋泉克夫: 第19号: 1995 &92;1,165 論文斉藤英敏・柴山滋: 第20号: 1996 &92;7,600: 20号記念『アジア史における制度と社会』 第21号: 1997 &92;1,200 論文菊池英夫・高橋純司・高橋宏明: 第22号: 1998 &92;1,200 論文勝山稔・森本淳・栗山保之: 第23号. 複写の可否: 可 2. 「調査研究報告」第27号(調査収集事業部編) 「国文学研究資料館紀要 文学研究篇」第33号 「国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇」第3号 「国文学研究資料館ニューズ」No.

13:20 会員総会 法文2号館文学部2階一番大教室 第16回東南アジア史学会賞授賞式. 第28巻・第2号、年3月 「南アジアの核軍備競争と中国核戦略 -危惧される『中国封じ込め』と『制御不能 の新冷戦』~」『ソシオロジカ』、第27巻・第1. 対象者 :教職員、研究員、学部生、院生、名誉教授 2. 国立大学の教職員・院生の方は、職員証・学生証の提示と利用簿への記入により、2号館図書室・3号館図書室への入室、及び館内資料の利用が可能です。 3.

翻訳 マルシリオ・フィチーノ著『プラトン神学 霊魂の不死性について』(20)—「第十五巻」第十二章~第十六章— 第132号(年3月26日)今日、文学を読むとは?. 熊本県立大学文学部『文彩』第5号: /3:単著: 猫と昔話: 熊本県立大学文学部『文彩』第4号: /3: pp. 閲覧手続:なし 2. 朱琳 「梁啓超の「文明」認識およびその変遷」 『東アジア文化交渉研究』 第4号 関西大学 (. 2号館図書室の手続き: 無し(課程博士論文、マイクロ資料は利用簿への記入) 3. 貸出冊数・期間: 3号館資料は10冊/1ヶ月,2号館雑誌は3冊/1週間 6. 年度 『〈霊性〉と〈平和〉』第2号; 表紙; 奥付 年12月 シンポジウム(於:東北大学文学部) 趣旨説明; シンポジウム次第 ・ee・ョ報告 年度年間活動報告 論文.

この図書館の資料のコピーの取寄せ:可(カラー可) 1. その他: プリペイドカードの販売機があります(1,000円のみ) 館外貸出 1. 文学部の所蔵資料は大半が研究室に所蔵されています。希望資料の所蔵場所は請求記号等でご確認ください。 4.

阪大近代文学研究 / 第2号 0 阪大. 貸出対象外資料: 貴重書、課程博士論文、その他禁帯出に指定したもの 5. 生存と傍観―私たちと他者― 遠藤美奈 pp. 他に延滞している資料がある場合は延長できません 文献・図書の取寄. 東南アジア文学賞は現在の東南アジア文学の動向を知る重要なバロメーターになっており、この文学賞は今後とも各界の注目を集めるでしょう。 参考までに、東南アジア文学賞受賞作品の内、日本語で読むことのできるタイ文学作品には以下があります。. 6) 「『笑林広記』とその周辺」(平成19~22年度科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書「日本近世期における. 近世前期における『源氏学』 単著.

夏目漱石『硝子戸の. 貸出冊数・期間: 3号館資料は10冊/1ヶ月,2号館雑誌は3冊/1週間 返却期限延長 :現物持参で返却後の再貸出可 1. 研究室資料は公費の場合のみ対応できます ※各サービスについて、詳しくはご所属の図書館(室)でお尋ねください. その他 :プリペイドカード販売機があります(1,000円のみ) 館外貸出 1. 3号館図書室: 平日 9:00-21:00(春季・夏季休業期間中は9:00-17:00)、土曜 10:00-18:00 (春季・夏季休業期間中は閉室) 2.

入館手続:所定事項の記帳と学生証・身分証等を提示してください。 閲覧時間 1. 閲覧時間 : 開館時間と同じです 館内複写 1. 満洲移民をめぐる資料の現状と研究の可能性,信濃第3次,66巻 2号(頁81~92),年02月 市民社会における「個人情報」保護のあり方ー公開の理念とアーキビストの役割,国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇11号(頁1~14),年03月. 複写設備の有無:プリペイドカード式複写機(文学部複写センター発行カードのみ可)、コイン式複写機(1000円札は利用可)、モノクロ,カラーいずれも可 3. 3 )、193ー212頁. MyOPACからの延長はできません(カウンターでの再貸出処理が必要) 2. 学部生・院生の最終学年在籍者で、論文執筆特別貸出の申請が済んでいる方は、所属研究室の3号館配架資料に限り、別途20冊、年度末まで貸出が可能です 7.

文學アジア3×2×4(ぶんがくあじあ3×2×4)は、日本・韓国・中国の文芸誌三誌が合同で行った文学企画。年5月に企画の第1回が掲載された。 年5月に企画の第1回が掲載された。. 予約者がいる場合は延長できません 3. 複写受付時間: 閉室時間前まで 7. 近代東アジア土地調査事業研究ニューズレター / 5号近代東. 博士論文執筆特別貸出カードをお持ちの方は、3号館資料に限り貸出が可能です(10冊/1ヶ月) 返却期限延長: 現物持参で返却後の再貸出可 1.

他に延滞している資料がある場合は延長できません 文献・図書の取寄せ(ILLサービス) 1. 夏目漱石『こゝろ』論 -遺書を視座として- 単著. 受付時間:平日 9:00-16:45 2. 『第2話「満鉄とあじあ号」 - YouTube』 『第3話「弾丸列車計画」 - YouTube』 アニメ 『キテレツ大百科』 第110話「走れ永遠に! 第27号(1970年9月)特集・村落史の問題点.

) これから南アジアを学ぶ人へ 時代を遡ると、現代の国際関係・文化交流とは違った意味で、いろいろな国家間での(とりわけ日本と南アジアの)様々な. 『アジア・アフリカ地域研究』 第8-2号 年3月 目次 論 文 季節湿地における農地拡大. 2号館図書室の手続き: 無し(課程博士論文、マイクロ資料は利用簿への記入) 館内複写 1. 3号館図書室の手続き: 無し 2. 第2号: 女性解放と文学: 1,500円+税: 182頁: 第3号: 天皇制と文学: 1,500円+税: 164頁: 第4号: 核と文学: 1,500円+税: 183頁: 第5号: 言論の自由と文学: 1,800円+税: 218頁: 第6号: 環境と文学: 1,800円+税: 160頁: 第7号: 近代文学研究のパラダイム: 1,800円+税: 206頁: 第8号: 関東大. 共著: 現代南アジアと英語文学・再考: 日本南アジア学会『南. 貸出時間: 開館時間と同じです 4. 2号館図書室: 平日 9:00-17:30(春季・夏季休業期間中は9:00-17:00) 館内閲覧 1.

複写手続き :文献複写申込書への提出 4. アジアの文学の紹介と創作・論考など。小説・詩・戯曲・評論・講演・ルポルタージュ・論文など幅広いジャンルで言葉による人間の探求をめざす。 第1号(1996年12月)タゴール講演「仏陀」など 第2号(1997年7月)特集=タイ文学.

アジア文学 第2号

email: zygume@gmail.com - phone:(795) 517-4357 x 6554

昨夜みた夢 - 清原元子 - ライトスタッフ 女のコの想いを歌う恋のうた

-> 初心者のための建築構造プログラムのつくり方 - 桜井譲爾
-> 脳・神経研究のための分子生物学技術講座 - 小幡邦彦

アジア文学 第2号 - 韓国近代史


Sitemap 1

天皇の軍隊と日中戦争 - 藤原彰 - セルヴォラン 現代フランス農業